[国文法]連体詞

高校入試、中学校での日々の学習など、国語が苦手な人のために、「これだけは」という問題を紹介。受験対策や定期試験対策に活用して下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
さぁ、今回は

連体詞

について学習しましょう。まずは、その漢字をきっちりと見て下さい。



赤字での「体」はあるものの頭文字なんですが、わかるでしょうか。
…そうですね。

体言

の頭文字です。「連」は「連続」という意味です。したがって、連体詞は連続体言詞という意味だとおもってください。つまり、

体言(=名詞)につながる品詞

のことです。では、どのようなことばがあるのかというと…

↓↓↓ 解説を読む前に、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2012.05.07 18:08 | [国文法]連体詞 | トラックバック(-) | コメント(0) |
さぁ、今回は連体詞の上級基礎編です。その前に、前回の復習をば。

連体詞=体言(=名詞)につながる品詞
いちばん後ろの文字は、「永田だ。乗る!」


連体詞が問題として問われるのは、

他の品詞との見分け方

です。今回は、その見分け方を学習していきましょう。では、次の問題を解いてみて下さい。演習編ではないので、出来不出来はきにせずにいきましょう。

問)赤字の部分の品詞を答えなさい。
1)こんな悪には出会ったことがねえほどになァーーーーッ
2)アフリカの珍しい動物だの、アジアの奇怪な植物だの、カリブ海の大木まで吹っ飛ばす竜巻だの!
3)ある種のカビには「低い位置」に移動したいのに、自分ではなかなかその生息範囲を広げられないものがいる。
4)こういうのを奇跡っていうんだな、めったにある事じゃねぇ…
(すべて『ジョジョの奇妙な冒険』より)



↓↓↓ 解説を読む前に、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
2012.05.09 15:46 | [国文法]連体詞 | トラックバック(-) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。