[中学古典を全訳してみる]はじめに/まとめ

高校入試、中学校での日々の学習など、国語が苦手な人のために、「これだけは」という問題を紹介。受験対策や定期試験対策に活用して下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
はじめに

それぞれ目次ページへのリンクです。目次ページから、さらに個別ページへ行くことができます。
↓↓↓

竹取物語

枕草子

徒然草

平家物語

おくのほそ道

(番外編)和歌
スポンサーサイト
2012.03.01 05:00 | [中学古典を全訳してみる]はじめに/まとめ | トラックバック(-) | コメント(0) |
中間テストや期末テストの古文で点数をとるにはどうすればいいのでしょうか。
毎年、中学生を教えていると、

古文がわからない

という生徒に多く出会います。いろんな方法を試してみましたが、結局のところ「点数を取る」というその一点では、次のような方法がいちばんです。

1)古文の全訳を覚える
2)問題を解きまくる


この流れですね。「全訳を覚える」という「軸」を作ってしまわないと、どれだけ問題演習を重ねたところで、何も残りません。数多くの問題演習を「実のあるもの」にするためには、全訳を覚えないといけません。

全訳を覚えるなんて、邪道だ

という考えもあるでしょう。
けれど、ボクはこう考えます。

↓↓↓ 続きを読む前に、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
2012.05.10 18:08 | [中学古典を全訳してみる]はじめに/まとめ | トラックバック(-) | コメント(0) |
「中学古典を全訳してみる」のシリーズもかなりの記事量となってきました。いつからか、古典しかあつかっていないような気も…。

ということで、「枕草子を全訳してみる」をまとめてみました。

まずは「春はあけぼの」ではじまる第一段

枕草子(第一段)を全訳してみる<テスト編>
枕草子(第一段)を全訳してみる<解説編>その1
枕草子(第一段)を全訳してみる<解説編>その2
枕草子(第一段)を全訳してみる<解説編>その3
枕草子(第一段)を全訳してみる<解説編>その4
枕草子(第一段)を全訳してみる<解説編>その5

続きまして、「うつくしきもの」ではじまる第百四十五段

枕草子ー第百四十五段ーを全訳してみる<テスト編>
枕草子ー第百四十五段ーを全訳してみる<解説編> その1
枕草子ー第百四十五段ーを全訳してみる<解説編> その2
枕草子ー第百四十五段ーを全訳してみる<解説編> その3
枕草子ー第百四十五段ーを全訳してみる<解説編> その4

まんがで枕草子をラクラク学びたければ⇒こちら

↓↓↓ この記事が役立ったという方は、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
2012.06.07 23:30 | [中学古典を全訳してみる]はじめに/まとめ | トラックバック(-) | コメント(0) |
中学古典における不遇な作品、それが徒然草です。なぜ不遇なのかというと、「教科書に載っているのに、授業で扱われないことが多い」からです。そんな徒然草を全訳するための記事をまとめてみました。

まずは有名な序段。

徒然草ー序段ーを全訳してみる<テスト編>
徒然草ー序段ーを全訳してみる<解説編>

続きましては、仁和寺(にんなじ)の法師が石清水八幡宮に参拝に行く話。

徒然草ー第五十二段ーを全訳してみる<テスト編>
徒然草ー第五十二段ーを全訳してみる<解説編>その1
徒然草ー第五十二段ーを全訳してみる<解説編>その2
徒然草ー第五十二段ーを全訳してみる<解説編>その3
徒然草ー第五十二段ーを全訳してみる<解説編>その4
徒然草ー第五十二段ーを全訳してみる<解説編>その5

まんがで徒然草をラクラク学びたければ⇒こちら

徒然草の全体像を予備校講師の解説で学びたければ⇒こちら

↓↓↓ この記事が役立ったという方は、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
2012.06.08 17:46 | [中学古典を全訳してみる]はじめに/まとめ | トラックバック(-) | コメント(0) |
中間テストが終わったかと思えば、すぐに期末テストがやってくるのは「塾あるある」として有名です。塾の場合は、1週間に一度だけ、もしくは二度だけの授業です。その授業の中で生徒に良い点数をとってもらおうと思えば、テストの何週間も前から準備をしなければいけません。そうなってくると、中間テストが終わるとすぐに期末テストに向けての授業がはじまります。

…ということで、終わったことは終わったこと。すぐさま、次に向かいましょう。そのために、おくのほそ道の記事をまとめてみました。右のカテゴリからも行けますが、この記事は目次として利用してください。

まずは、松尾芭蕉が旅に出ることを決心する序文から。

おくのほそ道ー序文ーを全訳してみる<テスト編>
おくのほそ道ー序文ーを全訳してみる<解説編>その1
おくのほそ道ー序文ーを全訳してみる<解説編>その2
おくのほそ道ー序文ーを全訳してみる<解説編>その3

続きましては、奥州(おうしゅう)平泉を訪れた時の文章。
教科書や教科書の準拠問題集では二つに分けられていることが多いので、それにならって二つに分けています。

おくのほそ道ー平泉その1ーを全訳してみる<テスト編>
おくのほそ道ー平泉その1ーを全訳してみる<解説編>その1
おくのほそ道ー平泉その1ーを全訳してみる<解説編>その2
おくのほそ道ー平泉その1ーを全訳してみる<解説編>その3
おくのほそ道ー平泉その1ーを全訳してみる<解説編>その4

おくのほそ道ー平泉その2ーを全訳してみる<テスト編>
おくのほそ道ー平泉その2ーを全訳してみる<解説編>その1
おくのほそ道ー平泉その2ーを全訳してみる<解説編>その2
おくのほそ道ー平泉その2ーを全訳してみる<解説編>その3

おくのほそ道をマンガでラクラク学びたければ⇒こちら

↓↓↓ この記事が役立ったという方は、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
2012.06.10 10:04 | [中学古典を全訳してみる]はじめに/まとめ | トラックバック(-) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。