[中学古典を全訳してみる]徒然草

高校入試、中学校での日々の学習など、国語が苦手な人のために、「これだけは」という問題を紹介。受験対策や定期試験対策に活用して下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
序段。

徒然草ー序段ーを全訳してみる<テスト編>
徒然草ー序段ーを全訳してみる<解説編>

仁和寺(にんなじ)の法師が石清水八幡宮に参拝に行く話。

徒然草ー第五十二段ーを全訳してみる<テスト編>
徒然草ー第五十二段ーを全訳してみる<解説編>その1
徒然草ー第五十二段ーを全訳してみる<解説編>その2
徒然草ー第五十二段ーを全訳してみる<解説編>その3
徒然草ー第五十二段ーを全訳してみる<解説編>その4
徒然草ー第五十二段ーを全訳してみる<解説編>その5

まんがで徒然草をラクラク学びたければ⇒こちら

徒然草の全体像を予備校講師の解説で学びたければ⇒こちら

↓↓↓ この記事が役立ったという方は、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2012.03.21 09:17 | [中学古典を全訳してみる]徒然草 | トラックバック(-) | コメント(0) |
では、今回からは徒然草を全訳していきましょう。
枕草子おくのほそ道、平家物語に比べると、教科書に取り上げられているにも関わらず不遇な感じがします。教科書に載っているにも関わらず、授業で扱われることが本当に少ない…。ボクとしては古典を知るきっかけになった作品だけに残念なところではあります。
…ということで、序段を読んでいきましょう。短い中に大切な文法項目や古文単語が含まれています。
まずはテストから。

01)つれづれなるままに、
02)日暮らし硯に向かひて、
03)心にうつりゆくよしなしごとを、
04)そこはかとなく書きつくれば、
05)あやしうこそものぐるほしけれ。

(『徒然草』序段)

↓↓↓ 続きを読む前に、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

2012.05.25 16:01 | [中学古典を全訳してみる]徒然草 | トラックバック(-) | コメント(0) |
徒然草のもう一つは、あまりにも有名な段です。義務教育を受けた人間なら(笑)ほぼ全ての人が知っているはずのものです。なんだか頭に残るんですよね。
…とはいえ、授業で扱わない中学もあるのですが。そういう場合は高校で学習するのでしょうか…
入試にも良く出てくる、本当に大切な項目が目白押し何ですが。
まずは古文本文を。「続き」に全訳を掲載してあります。

01)仁和寺にある法師、
02)年寄るまで、石清水を拝まざりければ、
03)心うく覚えて、
04)あるとき思ひ立ちて、
05)ただ一人、かちより、詣でけり。
06)極楽寺・高良などを拝みて、
07)かばかりと心得て帰りにけり。
08)さて、かたへの人にあひて、
09)「年ごろ思ひつること、果たしはべりぬ。
10)聞きしにも過ぎて、
11)尊くこそおはしけれ。
12)そも、参りたる人ごとに山へ登りしは、
13)なにごとかありけん、
14)ゆかしかりしかど、
15)神へ参るこそ本意なれと思ひて、
16)山までは見ず。」
17)とぞ言ひける。
18)少しのことにも、
19)先達はあらまほしきことなり。

(『徒然草』第五十二段)

↓↓↓ 続きを読む前に、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
2012.05.26 11:40 | [中学古典を全訳してみる]徒然草 | トラックバック(-) | コメント(0) |
では、『徒然草』のあまりにも有名な序段を全訳していきましょう。
たった一文に様々な文法のエッセンスや重要古語が含まれています。
中間テストや期末テストのためだけではなく、高校受験のため、大学受験のため…長期的に大切となってきます。全訳だけでなく、本文そのものも何度も音読して覚えておくとかなり威力を発揮します。

01)つれづれなるままに、
02)日暮らし硯に向かひて、
03)心にうつりゆくよしなしごとを、
04)そこはかとなく書きつくれば、
05)あやしうこそものぐるほしけれ。

(『徒然草』序段)

↓↓↓ 続きを読む前に、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

2012.05.26 20:36 | [中学古典を全訳してみる]徒然草 | トラックバック(-) | コメント(1) |
中学の教科書には載っているものの、不遇な扱いを受けることの多いのが徒然草です。
ただ、枕草子と同じく大切な文法・単語が目白押しなので頑張って覚えていきましょう。なんども音読して頭に詰め込んで下さい。では、まずは前回の復習テストをば。

1)「つれづれなり」の意味は?
2)「日暮らし」の読みと意味は?
3)「よしなし」の意味は?
4)「そこはかとなく」の意味は?
5)「書きつくれば」の意味は?
6)エ段+「ば」の意味は?
7)「あやし」の意味は?
8)「あやしうこそものぐるほしけれ」の「こそ」は何か? その結びの語は何か?
9)「ものぐるほし」の読みと意味は?

続きまして本文を読んでいきましょう。

01)仁和寺にある法師、
02)年寄るまで、石清水を拝まざりければ、
03)心うく覚えて、
04)あるとき思ひ立ちて、
05)ただ一人、かちより、詣でけり。

(吉田兼好『徒然草』より)

↓↓↓ 続きを読む前に、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
2012.05.27 12:25 | [中学古典を全訳してみる]徒然草 | トラックバック(-) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。