[国文法 助動詞]入試問題演習

高校入試、中学校での日々の学習など、国語が苦手な人のために、「これだけは」という問題を紹介。受験対策や定期試験対策に活用して下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
では、今回は、入試でもとびっきりによく出る、「れる」「られる」の見分けかたの入試問題演習を行いましょう。

母に言わて、ぼくはなるほどと納得した。

上記の「れ」と同じ意味で使われている助動詞を含む一文を次のア〜エから一つ選び、記号を書きなさい。

ア 私たちの先輩も、今日の記念式典に出席さた。
イ 私は、よく友人たちのことばになぐさめられた。
ウ 私には、幼いころのことが自然に思い出さた。
エ 私たちは、昨日までにこの作品を仕上げられた。

(平成19年度 大阪府 前期試験より)


↓↓↓ 解説を読む前に、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
2012.08.20 13:42 | [国文法 助動詞]入試問題演習 | トラックバック(-) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。