[中学古典を解きまくる]おくのほそ道

高校入試、中学校での日々の学習など、国語が苦手な人のために、「これだけは」という問題を紹介。受験対策や定期試験対策に活用して下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 (1)月日は百代の過客にして、行き交ふ年もまた旅人なり。舟の上に生涯を浮かべ、馬の口とらへて老いを迎ふる者は、日々旅にして旅をすみかとす。古人も多く旅に死せるあり。(2)予もいづれの年よりか、片雲の風に誘はれて、漂泊の思ひやまず、海浜にさすらへて、去年の秋、江上の破屋にくもの古巣を払ひて、やや年も暮れ、春立てるかすみの空に、白河の関越えむと、そぞろ神の物につきて心を狂はせ、道祖神の招きに会ひて、取るもの手につかず。もも引きの破れをつづり、かさの緒付け替へて、三里に灸据ゆるより、松島の月まづ心にかかりて、(3)住めるかたは人に譲りて、杉風が別墅に移るに、

草の戸も住み替はる代ぞひなの家

面八句を庵の柱に懸け置く。(『おくのほそ道』序文より)

1)作者が、自分の「人生」をどのように考えていたかが読み取れる一文を抜き出し、すべてひらがな、現代仮名遣いで答えなさい。

2)1)から読みとれる作者の人生観を、十字以内で答えなさい。

3)(1)月日は百代の過客 と対句になっている表現を抜き出しなさい。

4)(2)予も の助詞「も」から読みとれる作者の気持ちを答えなさい。

5)旅に出たくてたまらない気持ちが対句で表現された部分の、初めと終わりの四字を答えなさい(句読点は含まない)。

6)(3)住めるかた と同じ家をあらわすことばを、二つ抜き出しなさい。

7)『おくの細道』の作者を答えなさい。

8)『おくの細道』のような旅の様子を俳句と文章でつづったものを何というか、漢字五字で答えなさい。

9)作者がこの旅を思い立った様子が読みとれる表現を文章中から抜き出し、初めと終わりの各四字を答えなさい。

10)この旅への準備(身支度)が描かれている表現を抜き出し、初めと終わりの各四字を答えなさい。

11)この旅が、東北地方をめざす旅であることが読みとれる名所を答え、それを含めて日本三景といわれるが、他の二つの名所を答えなさい。

12)「草の戸も住み替はる代ぞひなの家」について、季語と季節を答えなさい。

13)12)の俳句の切れ字を抜き出しなさい。

14)12)の俳句の「草の戸」とはどのようなことを意味するのかを説明しなさい。

15)12)の俳句は「草の戸」が「ひなの家」に替わることをよんでいます。「ひなの家」ということばからどんなイメージが浮かんできますか。二十字以内で答えなさい。



↓↓↓ 解答を読む前に、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2012.12.18 05:00 | [中学古典を解きまくる]おくのほそ道 | トラックバック(-) | コメント(0) |

 (1)月日は百代の過客にして、行き交ふ年もまた旅人なり。舟の上に生涯を浮かべ、馬の口とらへて老いを迎ふる者は、日々旅にして旅をすみかとす。古人も多く旅に死せるあり。(2)予もいづれの年よりか、片雲の風に誘はれて、漂泊の思ひやまず、海浜にさすらへて、去年の秋、江上の(3)破屋にくもの古巣を払ひて、やや年も暮れ、春立てるかすみの空に、白河の関越えむと、そぞろ神の物につきて心を狂はせ、道祖神の招きに会ひて、取るもの手につかず。もも引きの破れをつづり、かさの緒付け替へて、三里に灸据ゆるより、松島の月まづ心にかかりて、住めるかたは人に譲りて、杉風が別墅に移るに、

草の戸も住み替はる代ぞひなの家

面八句を庵の柱に懸け置く。(『おくのほそ道』序文より)

1)作者が、自分の「人生」をどのように考えていたかが読み取れる一文を抜き出しなさい。

2)作者の人生観を、十字以内で答えなさい。

3)作者の、先人へのあこがれが読み取れる表現を二か所、それぞれ十五字以内で抜き出し、初めの各五字を答えなさい。

4)(1)月日は百代の過客 と対句になっている表現を抜き出しなさい。

5)(2)予も の助詞「も」から読み取れる作者の気持ちを次の中から一つ選び、記号で答えなさい。

6)(3)破屋 と類義のことばを、文章中から抜き出しなさい。

7)作者がこの旅を思い立った様子が読み取れる表現を文章中から抜き出し、初めと終わりの各四字を答えなさい。

8)思い立った旅への思いに、作者が興奮している様子が読み取れる表現を抜き出し、初めと終わりの各四字(句読点を含めない)を答えなさい。

9)この旅への準備が描かれている表現を抜き出し、初めと終わりの各四字を答えなさい。

10)この旅が、東北地方をめざす旅であることが読み取れる表現を二つ、文章中の各四字のことばで答えなさい。

11)「草の戸も住み替はる代ぞひなの家」の句について、季語と季節を答えなさい。

12)上の句について、切れ字を抜き出しなさい。

13)この句は「草の戸」が「ひなの家」に替わることをよんでいます。「ひなの家」ということばからどんなイメージが浮かんできますか。二十字以内で答えなさい。



↓↓↓ 解答を読む前に、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
2012.12.19 05:00 | [中学古典を解きまくる]おくのほそ道 | トラックバック(-) | コメント(0) |

 月日は(1)百代の過客にして、行き交ふ年も(2)また旅人なり。舟の上に生涯を浮かべ、馬の口とらへて老いを迎ふる者は、(3)日々旅にして旅をすみかとす(4)古人も多く旅に死せるあり。予もいづれの年よりか、片雲の風に誘はれて、(5)漂泊の思ひやまず(6)海浜にさすらへて、(7)去年の秋、江上の破屋にくもの古巣を払ひて、やや年も暮れ、春立てるかすみの空に、(8)白河の関越えむと、そぞろ神の物につきて心を狂はせ、道祖神の招きに会ひて、取るもの(9)手につかず。もも引きの破れをつづり、かさの緒付け替へて、三里に灸据ゆるより、松島の月まづ心にかかりて、住めるかたは人に譲りて、杉風が別墅に移るに、

草の戸も住み替はる代ぞひなの家

面八句を庵の柱に懸け置く。(『おくのほそ道』序文より)

1)(1)百代 の読みを現代仮名遣いで答えなさい。

2)(2)また旅人なり を現代語訳しなさい。

3)(3)日々旅にして旅をすみかとす とありますが、このような暮らしぶりである職業の例を二つ、それぞれ漢字二文字で答えなさい。

4)(4)古人も多く旅に死せるあり とありますが、旅の途中で亡くなった「古人」に対して、作者はどのような気持ちを抱いていますか。

5)(5)漂泊の思ひやまず とありますが、これは作者のどのような気持ちを表したことばですか。

6)作者が最初に目にしたいと思っているものを四文字で探し、抜き出しなさい。

7)(6)海浜 の読みを現代仮名遣いで答えなさい。

8)(7)去年 の読みを現代仮名遣いで答えなさい。

9)(8)白河の関越えむ を現代語訳しなさい。

10)(9)手につかず を現代語訳しなさい。



↓↓↓ 解答を読む前に、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
2012.12.20 05:00 | [中学古典を解きまくる]おくのほそ道 | トラックバック(-) | コメント(0) |

 (1)三代の栄耀一睡のうちにして、大門の跡は一里こなたにあり。秀衡が跡は田野になりて、金鶏山のみ形を残す。(2)まづ高館に登れば、北上川南部より流るる(3)大河なり。衣川は和泉が城を巡りて、高館の下にて大河に落ち入る。泰衡らが旧跡は、衣が関を隔てて南部口をさし固め、蝦夷を防ぐと見えたり。さても義臣すぐつて(4)この城にこもり、功名一時の草むらとなる。国破れて山河あり、城春にして草青みたりと、かさうち敷きて時の移るまで(5)涙を落としはべりぬ

   夏草やつはものどもが夢の跡

   卯の花に兼房見ゆるしらがかな   曾良

1)この文章は、どこを訪れた記録ですか。

2)(1)三代の栄耀 の様子がしのばれる描写を文章中から二か所抜き出しなさい。

3)(2)まづ高館に登れば の「高館」とは、どういういわれのある場所ですか。

4)(2)まづ高館に登れば の「高館」からの眺望が述べられている範囲を抜き出し、初めと終わりの各五字(句読点を含む)を答えなさい。

5)(3)大河 の名を答えなさい。

6)(4)この城にこもり の「この城」とは、どこのことですか。文章中のことばで答えなさい。

7)(4)この城にこもり とあるが、こもっていたのは、どういう人たちですか。

8)(5)涙を落としはべりぬ の「涙」にはどういう心情がこめられていますか。

9)「夏草やつはものどもが夢の跡」の句について、季語と切れ字を抜き出しなさい。

10)「夏草やつはものどもが夢の跡」の「夢の跡」とは、どこのことですか。

11)「夏草やつはものどもが夢の跡」の主題を答えなさい。

12)「卯の花に兼房見ゆるしらがかな」の句について、季語と季節を答え、切れ字を抜き出しなさい。

13)「卯の花に兼房見ゆるしらがかな」の「兼房」ということばに共通する表現を、芭蕉の俳句から抜き出しなさい。

14)「卯の花に兼房見ゆるしらがかな」の作者の曽良は、なぜ「卯の花」に兼房の「しらが」を連想したのですか。その理由を簡単に説明しなさい。


↓↓↓ 解答を読む前に、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

2012.12.21 05:00 | [中学古典を解きまくる]おくのほそ道 | トラックバック(-) | コメント(0) |

 三代の栄耀一睡のうちにして、大門の跡は一里こなたにあり。秀衡が跡は田野になりて、金鶏山のみ形を残す。まづ(1)高館に登れば、北上川南部より流るる大河なり。衣川は和泉が城を巡りて、高館の下にて大河に落ち入る。泰衡らが旧跡は、衣が関を隔てて南部口をさし固め、蝦夷を防ぐと見えたり。さても義臣すぐつて(2)この城にこもり、功名一時の草むらとなる。国破れて(3)山河あり、城春にして草青みたりと、(4)かさうち敷きて時の移るまで涙を落としはべりぬ

 (5)夏草やつはものどもが夢の跡

 (6)卯の花に兼房見ゆるしらがかな   曾良

1)(1)高館 の漢字の読みを現代仮名遣いで答えなさい。

2)(2)この城 とあるが具体的には何をさすのか答えなさい。

3)(3)山河 とあるが、これにあたるものを本文中から三つ探し、それぞれ抜き出して答えなさい。

4)(4)かさうち敷きて時の移るまで涙を落としはべりぬ とあるが、作者が涙を流した理由を「自然」・「人間の営み」を必ず使って説明しなさい。

5)(5)の俳句の季語と季節を答えなさい。

6)(6)の俳句の季語と季節を答えなさい。



↓↓↓ 解答を読む前に、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

2012.12.22 05:00 | [中学古典を解きまくる]おくのほそ道 | トラックバック(-) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。