平家物語ー扇の的ーを全訳してみる<テスト編>その1

高校入試、中学校での日々の学習など、国語が苦手な人のために、「これだけは」という問題を紹介。受験対策や定期試験対策に活用して下さい。

さて、続きましては、那須与一のエピソードです。
この話はボクが中学生の時にも学習した覚えがあります。
本当に、平家物語は長いのでテスト編を掲載するだけでもかなりの記事数と時間が必要で…。まぁ、がんばっていきましょう。

01)ころは二月十八日の酉の刻ばかりのことなるに、
02)をりふし北風激しくて、
03)磯打つ波も高かりけり。
04)舟は、揺り上げ揺りすゑ漂へば、
05)扇もくしに定まらずひらめいたり。
06)沖には平家、舟を一面に並べて見物す。
07)陸には源氏、くつばみを並べてこれを見る。
08)いづれもいづれも晴れならずといふことぞなき。
09)与一目をふさいで、
10)「南無八幡大菩薩、我が国の神明、
11)日光の権現、宇都宮、那須の湯泉大明神、
12)願はくは、あの扇の真ん中
13)射させてたばせたまへ。
14)これを射損ずるものならば、
15)弓切り折り白害して、
16)人に二度面を向かふべからず。
17)いま一度本国へ迎へんとおぼしめさば、
18)この矢はづさせたまふな。」
19)と心のうちに祈念して、
20)目を見開いたれば、
21)風も少し吹き弱り、
22)扇も射よげにぞなつたりける。

(『平家物語』より)

↓↓↓ 続きを読む前に、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

01)時は二月十八日、午後六時頃のことであったが、
02)おりから北風が激しく吹いて、
03)岸を打つ波も高かった。
04)舟は揺り上げられ、揺り落とされ、上下に漂っているので、
05)扇も竿に定まらず、ひらひらと動いている。
06)沖では、平家が一面に舟を並べて見物している。
07)陸では源氏が馬のくつわを並べ、これを見守っている。
08)どちらとも、晴れがましい光景である。
09)与一は目をふさいで、
10)「南無八幡大菩薩、我が故郷の神々、
11)日光の権現、宇都宮大明神、那須の湯泉大明神。
12)願わくは、あの扇の真ん中を
13)射させて下さい。
14)これを射損じるものならば、
15)弓を折って自害し、
16)人に再び会わないつもりです。
17)もう一度本国へ迎えようとお思いになるならば、
18)この矢を外させないで下さい」
19)と心の中で念じて
20)目を見開くと、
21)風も少しおさまり、
22)扇も射やすくなっていた。


まんがで平家物語ー扇の的ーをラクラク学びたければ⇒こちら
2012.06.04 07:27 | [中学古典を全訳してみる]平家物語 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ[中学古典を全訳してみる]平家物語平家物語ー扇の的ーを全訳してみる<テスト編>その1












管理者にだけ表示