おくのほそ道を全訳してみる<まとめ編>

高校入試、中学校での日々の学習など、国語が苦手な人のために、「これだけは」という問題を紹介。受験対策や定期試験対策に活用して下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
中間テストが終わったかと思えば、すぐに期末テストがやってくるのは「塾あるある」として有名です。塾の場合は、1週間に一度だけ、もしくは二度だけの授業です。その授業の中で生徒に良い点数をとってもらおうと思えば、テストの何週間も前から準備をしなければいけません。そうなってくると、中間テストが終わるとすぐに期末テストに向けての授業がはじまります。

…ということで、終わったことは終わったこと。すぐさま、次に向かいましょう。そのために、おくのほそ道の記事をまとめてみました。右のカテゴリからも行けますが、この記事は目次として利用してください。

まずは、松尾芭蕉が旅に出ることを決心する序文から。

おくのほそ道ー序文ーを全訳してみる<テスト編>
おくのほそ道ー序文ーを全訳してみる<解説編>その1
おくのほそ道ー序文ーを全訳してみる<解説編>その2
おくのほそ道ー序文ーを全訳してみる<解説編>その3

続きましては、奥州(おうしゅう)平泉を訪れた時の文章。
教科書や教科書の準拠問題集では二つに分けられていることが多いので、それにならって二つに分けています。

おくのほそ道ー平泉その1ーを全訳してみる<テスト編>
おくのほそ道ー平泉その1ーを全訳してみる<解説編>その1
おくのほそ道ー平泉その1ーを全訳してみる<解説編>その2
おくのほそ道ー平泉その1ーを全訳してみる<解説編>その3
おくのほそ道ー平泉その1ーを全訳してみる<解説編>その4

おくのほそ道ー平泉その2ーを全訳してみる<テスト編>
おくのほそ道ー平泉その2ーを全訳してみる<解説編>その1
おくのほそ道ー平泉その2ーを全訳してみる<解説編>その2
おくのほそ道ー平泉その2ーを全訳してみる<解説編>その3

おくのほそ道をマンガでラクラク学びたければ⇒こちら

↓↓↓ この記事が役立ったという方は、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
2012.06.10 10:04 | [中学古典を全訳してみる]はじめに/まとめ | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページスポンサー広告||[中学古典を全訳してみる]はじめに/まとめおくのほそ道を全訳してみる<まとめ編>












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。