平家物語ー敦盛の最後ーを全訳してみる<解説編>その7

高校入試、中学校での日々の学習など、国語が苦手な人のために、「これだけは」という問題を紹介。受験対策や定期試験対策に活用して下さい。

現在、「中学古典を全訳してみる」のまとめ編を作成していて、つくづく思います。

「平家物語」は長い…

なんども書いているので愚痴も言い飽きた感がありますが。教科書に訳が載っているとはいえ、実際の定期テストでは訳なんてないわけですから。教える側も教わる側もかなりの負担ではなかろうかと思います。教科書に載っている古文の中で言えば、最高峰のむずかしさでしょう。「平家物語」が自力で読めれば入試はほぼ大丈夫なんじゃなかろうかと思えるくらいです。

…なんてことを言いながら、前回の復習テストをしっかりとしておきましょう。

1)「あつぱれ」の読みと意味は?
2)「たてまつる」の意味は?
3)「たり」の意味は?
4)「べし」の意味は?
5)「やう」の読みは?
6)「ず」の意味は?
7)「よも〜じ」の意味は?

続きまして、本文ですね。

37)小次郎が薄手負うたるをだに、
38)直実は心苦しうこそ思ふに、
39)この殿の父、討たれぬと聞いて、
40)いかばかりか
41)嘆きたまはんずらん。

(『平家物語』より)

↓↓↓ 続きを読む前に、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

1)読み あっぱれ/意味 あぁ、りっぱだ
2)〜申し上げる
3)〜た/〜ている
4)〜はずだ
5)よう
6)〜ない
7)まさか〜まい

今回も短いですが、人間関係がややこしくなっています。しっかりと押さえておきましょう。

37)小次郎が薄手負うたるだに

■薄手=読み うすで/意味 軽い傷
■たる=〜た/〜ている
■だに=さえ

小次郎とは誰のことでしたでしょうか?

…そうですね。熊谷の子のことです。

訳)(わが子の)小次郎が軽い傷を負っだけでさえ

38)直実は心苦しうこそ思ふに、

■心苦しう=読み こころぐるしゅう/意味 つらく
■こそ=係助詞
 ※ただし、ここでは文末まで影響をおよぼしていません。
■思ふ=読み おもう

訳)(父であるこのわたし)直実はつらく思うのに、

39)この殿の父、討たれ聞いて、

■ぬ=〜た(完了)

この文は次のようなしくみになっています。

この殿の父、「討たれぬ」聞きて

「この殿の父」が「討たれ」たのではないので注意をしてください。誤読をふせぐために、「この殿の父」の後に「、」がふってあること、接続助詞の「と」があることに注目してください。接続助詞の「と」が出てきたら、どこからどこまでが「 」の部分なのかをはっきりとさせるクセをつけましょう。入試で本当に良く聞かれる部分です。

「と」が来たら、「 」部分がどこからどこまでかをしっかり確認!

大丈夫だと思いますが、「この殿」とは誰のことでしょうか?

そうですね。平家の若武者です。
訳)この殿の父が、(わが子が)討たれと聞いて、

40)いかばかり

■いかばかり=どれほど
 ※「いか」が「どれ」や「何」という疑問をあらわすことばです。現代でも「いかが?」ということばがありますよね? 「ばかり」は「ほど」です。
■か=係助詞(疑問) 結びの語は「らん」です。

訳)どれほど

41)嘆きたまはんずらん

■たまはんずらん=「たまふ+むず+らむ」の形です。細かく解説すると…
■たまふ=読み たまう/意味 〜なさる

■むず=〜だろう(推量)
■らむ=〜だろう(現在推量)

…となって、ややこしいので、中学レベルであれば、そのまま丸暗記しておいてください。

訳)お嘆きなさることだろうか

本当にポイントだけを…と思ってこのシリーズを書き始めたのですが、かなりの長さになっています。あまり長すぎると退屈になってくるし、かといって一記事あたりの長さを短くすると、記事数が増えて、それがやる気をそぐ場合もあるわけで…あんばいがむずかしいところです。まぁ、がんばってひとつひとつ押さえていきましょう。それでは最後にまとめテストです。

1)「薄手」の読みと意味は?
2)「たる」の意味は?
3)「だに」の意味は?
4)「小次郎」とは誰のことか?
5)「心ぐるしう」の読みと意味は?
6)「思ふ」の読みは?
7)「この殿」とは誰のことか?
8)「ぬ」の意味は?
9)「いかばかり」の意味は?
10)「いかばかりか嘆きたまはんずらん」の係助詞と結びの語を答えなさい
11)「たまふ」の読みと意味は?


平家物語ー敦盛の最後ーをマンガでラクラク学びたければ⇒こちら

2012.06.10 20:31 | [中学古典を全訳してみる]平家物語 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ[中学古典を全訳してみる]平家物語平家物語ー敦盛の最後ーを全訳してみる<解説編>その7












管理者にだけ表示