平家物語ー敦盛の最後ーを全訳してみる<解説編>その9

高校入試、中学校での日々の学習など、国語が苦手な人のために、「これだけは」という問題を紹介。受験対策や定期試験対策に活用して下さい。

ただいまダイエット中の名も無き国語講師です。数々のダイエットをしてきた経験から言って、成功の秘訣は、

なんども確認して、検証をおこたらないこと
一つの方法ではなく、様々な方法を試すこと

です。きちんと毎日二回は決まった時間に体重計にのる、カロリー計算をしっかりして食事制限をする、根気強く継続して運動をする…そういったことですね。それをやめてしまった時に、体重は急増してしまいます。ソースはボクです(笑)

…ということで、なんどもなんども知識を確認しましょう。一度記事にしたことでも、なんども記事にします。自分の知識にするために「もうやった事だから大丈夫♪」ととばしてしまわないで、きちんと答えられるようにしましょう。では、前回の復習テストです。

1)「あはれ」の読みと意味は?
2)「たてまつる」の意味は?
3)「ばや」の意味は?
4)「思ひて」の読みは?
5)「きつと」の読みと意味は?
6)「けり」の意味は?
7)エ段+「ば」の意味は?
8)「ばかり」の意味は?
9)「たり」の意味は?
10)「おさへて」の読みは?
11)「まゐらす」の意味は?
12)「ん(む)」の意味は?
13)「候ふ」の読みと意味は?
14)「軍兵」の読みと意味は?
15)「雲霞」の読みと意味は?
16)「ごとく」の意味は?
17)「よも〜じ」の意味は?

今までの流れを復習しておくと、

 熊谷が、平家の若武者の首を切ろうとした。
⇒平家の若武者は、わが子の小次郎ほどの年齢だった。
⇒助けたいとは思うが、味方(源氏)の兵が近よってきていて助けられない。

ということでしたね。では、続きの本文です。

49)人手にかけまゐらせんより、
50)同じくは、直実が手にかけまゐらせて、
51)のちの御孝養をこそつかまつり候はめ。」
52)と申しければ、
53)「ただ、とくとく首を取れ。」
54)とぞのたまひける。

(『平家物語』より)

↓↓↓ 続きを読む前に、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

1)読み あわれ/意味 あぁ
2)〜申し上げる
3)〜たい
4)おもいて
5)読み きっと/意味 さっと
6)〜た(過去)
7)〜と/〜ところ/〜ので
8)ほど
9)〜た/〜ている
10)おさえて
11)〜申し上げる
12)〜しよう(意志)
13)読み そうろう/意味 〜ます
14)読み ぐんぴょう/意味 軍勢
15)読み うんか/意味 雲や霞(かすみ)
16)〜のように
17)まさか〜まい

それでは、今回もがんばって読んでいきましょう。

49)人手にかけまゐらせんより、

■人手=読み ひとで/意味 ほかの者の手
■まゐらす=〜申し上げる

訳)ほかの者の手におかけ申すより、

50)同じくは、直実手にかけまゐらせて、

■同じくは=同じことならば
■が=「の」に言い換えられます
■まゐらす=〜申し上げる
 ※訳としては「かけ申し上げて」で良いのですが、「申し上げる」「申す」が続くので、「おかけする」と別の謙譲語に変えています。まぁ、あまり気にしなくて良いです。

訳)同じことならば、直実手におかけして、

51)のちの御孝養こそつかまつり候はめ。」

■御孝養=読み おんきょうよう/意味 ご供養
■こそ=係助詞(強意) 結びの語は「め」
■つかまつり候はめ=読み つかまつりそうらわめ/意味 させていただきましょう
■め=〜しよう(意志)
 ※意志の助動詞「む」の已然形(いぜんけい)

訳)のちのご供養させていただきましょう。」

52)と申しければ

■けり=〜た(過去)
■ければ=〜したところ
 エ段+「ば」=〜と/〜ところ/〜ので

さて、ここで主語をはっきりとさせておきましょう。「申した」のは熊谷ですね。接続助詞「ば」が来ているので…

…そうですね。次にくる主語が変わる可能性が高いです。登場人物は熊谷以外には、平家の若武者しかいません。次の動作は平家の若武者だろうと予想します。

訳)と申したところ

53)「ただとくとく首を取れ。」

■ただ=とにかく
■とく=早く
 ※「疾く」と漢字をあてます。それが二つですから…
■とくとく=さっさと

訳)「とにかくさっさと首を取れ。」

54)とぞのたまひける


■ぞ=係助詞(強意) 結びの語は「ける」
■のたまひける=読み のたまいける/意味 おっしゃった
■けり=〜た(過去)

訳)とおっしゃった

さぁ、ではまとめテストをしておきましょう。

1)「人手」の読みと意味は?
2)「まゐらす」の読みと意味は?
3)「同じくは」の意味は?
4)「が」は何に言い換えることができるか?
5)「御孝養」の読みと意味は?
6)「つかまつり候はめ」の読みと意味は?
7)「のちの御孝養をこそつかまつり候はめ」の係助詞と結びの語は?
8)「けり」の意味は?
9)「ければ」の意味は?
10)エ段+「ば」の意味は?
11)あとに来る主語が変わる可能性が高い接続助詞を五個答えなさい
12)「ただ」の意味は?
13)「とくとく」の意味は?
14)「のたまひける」の読みと意味は?
15)「とぞのたまひける」の係助詞と結びの語は?


平家物語ー敦盛の最後ーをマンガでラクラク学びたければ⇒こちら

2012.06.11 21:18 | [中学古典を全訳してみる]平家物語 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ[中学古典を全訳してみる]平家物語平家物語ー敦盛の最後ーを全訳してみる<解説編>その9












管理者にだけ表示