平成20年度 大阪府後期試験 古文 解編 その3

高校入試、中学校での日々の学習など、国語が苦手な人のために、「これだけは」という問題を紹介。受験対策や定期試験対策に活用して下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 (1)つとめて、万沢(まんざは)をいづ。きのふの雨なごりなくはれて、富士に雪ふれり。馬おふもの、「(2)お山に雪ふれば、久しく雨ふらず」といへば、又(また)人、「富士に雪ふりて、はれずといふことなし」といふ。げに<なるほど>一群(むら)の( 3 )も見えず。(4)やまのすがたうつくしく、絵にかきたるによく似たり。

(註)
万沢=現在の山梨県にある地名。
馬おふもの=馬をひいて客や荷物を運ぶことを仕事とする人。

1 (1)つとめて とあるが、これは一日のうちのいつをさすことばか、書きなさい。

2 (2)お山に雪ふれば、久しく雨ふらず が本文中で表している内容として最も適しているものを次から一つ選び、記号を書きなさい。

ア お山に雪が降ると、この辺りにしばらくは雨が降らない
イ お山に雪が降ると、この辺りに雨がまた降るかもしれない
ウ お山に雪が降っても、この辺りにすぐ雨が降るとは限らない
エ お山に雪が降っても、この辺りに雨が降ることはまったくない

 本文中の( 3 )には漢字一字のことばが入る。場面や状況を考えて、最も適しているものを書きなさい。

4 (4)やまのすがたうつくしく、絵にかきたるによく似たり とあるが、「絵にかきたる」ものとは、どのようなときの、どのような富士であると考えられるか。本文全体から読み取って二十字以内で書きなさい。



↓↓↓ 答えを読む前に、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
さて、今回は3を解いていきましょう。この問題も前後をしっかりと確認すれば解ける問題です。ポイントは以下の部分です。

又(また)人、「富士に雪ふりて、はれずといふことなし」といふ。げに<なるほど>一群(むら)の( 3 )も見えず

3 本文中の( 3 )には漢字一字のことばが入る。場面や状況を考えて、最も適しているものを書きなさい。



赤字の部分を現代語に直してみましょう。

富士山に雪(が)降って、晴れないということはない
(「ない」ことは「ない」というのは、「ある」という意味ですね)
富士山に雪(が)降ると、晴れる。

なるほど
(確かに、その通り)

( 3 )も見えない。
晴れている

もう少しまとめてみましょう。

富士山に雪が降ると、晴れる

なるほど

晴れている=「( 3 )も見えない」

という流れです。では、

晴れている時に見えないものといえば、何でしょうか? 漢字一字で言うと…?
…そうですね。

「雲」

です。

センセェ! 晴れてるときも雲見えるデェ…

って生徒さんもいらっしゃいますが…。じゃあ他に何を入れろと(笑)いわゆる入道雲なんかは確かに晴れている時に見えますが…。二文字なら「雨雲」とでも入れるのがよいのでしょうか。


答)雲


中学校の教科書に載っている古典をマンガでラクラク学びたければ⇒こちら

高校受験レベルの古典をマンガでラクラク学びたければ⇒こちら

高校入試の古文・漢文をくわしい解説付きで演習したければ⇒こちら


2012.09.03 05:00 | [中学古文]高校入試問題演習 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページスポンサー広告||[中学古文]高校入試問題演習平成20年度 大阪府後期試験 古文 解編 その3












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。