平成22年度 大阪府後期試験 古文 読編 その2

高校入試、中学校での日々の学習など、国語が苦手な人のために、「これだけは」という問題を紹介。受験対策や定期試験対策に活用して下さい。

では、前回の続きを読んでいきましょう。
10)からです。

01)神無月(かんなづき)の七日の夜(よ)深く立ちて、
02)なほ干潟の路(みち)を行くに、
03)島々、入江(いりえ)入江どもの、
04)いふばかりなく
05)目もあやなる所々うちつづきたり。
06)大崎(おほさき)の浜、田島(たじま)といふ方は、
07)うち煙(けぶ)りたるやうにて、
08)曙(あけぼの)の空ののどかにて、
09)波の音も聞こえぬほどなり。
10)葦辺(あしべ)の鶴(たづ)
11)明けと鳴く声のどかなり。
12)大崎の浦吹く風の朝凪(あさなぎ)に田島を渡る鶴の諸声(もろごゑ)
13)そのこなたは<こちら側>は、
14)村の煙(けぶり)立ちならびて、
15)梅や桜の、時ならぬ<季節はずれの>花さへ
16)咲きそひつつ、
17)朝気(あさけ)の風に匂(にほ)ひ来るも、
18)春秋を並べたらむ心地しておもしろし

(註)
大崎・田島=現在の山口県の地名。
朝凪=朝凪、風がやんで海上の波が穏やかになること。



↓↓↓ 答えを読む前に、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村


10)葦辺(あしべ)の鶴


 「の」=「が」に言い換えられます

11)夜が明けと鳴く声はのどかだ。


 「ぬ」=〜た(完了)
 

12)大崎の浦吹く風の朝凪(あさなぎ)に田島を渡る鶴の諸声(もろごゑ)


13)そのこちら側は、


14)村の煙立ちならんで、


 「が」を入れましょう。

15)梅や桜のような、季節はずれの花までも


16)咲きつつ、


17)朝の風にのって、匂って来るのも、


18)春と秋を並べたような気持ちがして趣がある


 おもしろし=趣がある


今回はポイントとしてお伝えすることが少ないですね。その分きちんと復習しておいて下さい。


中学校の教科書に載っている古典をマンガでラクラク学びたければ⇒こちら

高校受験レベルの古典をマンガでラクラク学びたければ⇒こちら

高校入試の古文・漢文をくわしい解説付きで演習したければ⇒こちら


2012.09.12 05:00 | [中学古文]高校入試問題演習 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ[中学古文]高校入試問題演習平成22年度 大阪府後期試験 古文 読編 その2












管理者にだけ表示