平成17年度 大阪府前期試験 古文 解編 その2

高校入試、中学校での日々の学習など、国語が苦手な人のために、「これだけは」という問題を紹介。受験対策や定期試験対策に活用して下さい。

 よむすがら<一晩中>雨ぞ(1)いみじく降る。旅居(たびゐ)は<旅先では>(2)雨いとむつかしきものと聞きて、蔀(しとみ)をおしあげて見れば、有明の月の谷の底さへくもりなくすみわたり、雨と聞こえつるは、木の根より水の流るる音なり。
 谷川の流れは雨と聞こゆれどほかよりけなる<ひときわ美しい>ありあけの月

(註)
 蔀=日光をよけ風雨を防ぐために格子(こうし)の裏に板を張った戸。
 有明の月=夜明けになってもまだ空に残る月

1 (1)いみじく を現代のことばで書きなさい。

 (2)雨いとむつかしきものと聞きて の意味として次のうち最も適しているものはどれか。一つ選び、記号を書きなさい
 ア 雨はたいへん危険なものだ、という話をもしも聞いていたなら
 イ 雨が降るのを予測するのはそれほど難しくない、と聞いていて
 ウ 雨が降るのはとても不吉なことなのだろうか、とたずねられて
 エ 雨はうっとうしいものだと思って、その音を聞きながら

3 本文では作者がある音を別の音と思い違えたことが述べられている。何を何と思い違えたのか。簡潔に説明しなさい。




↓↓↓ 答えを読む前に、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
続きまして、問題2ですね。
問題1と同じく、古文単語の問題です。

むつかし=うっとうしい
<覚え方>六つかしてはうっとうしい

そこから考えると、答えはエです。

答)エ

古文単語を覚えていれば問題なく解けるのですが、そうでない場合は、選択肢を確認していきましょう。おかしいところを青字にしています。

ア 雨はたいへん危険なものだ、という話をもしも聞いていたなら
イ 雨が降るのを予測するのはそれほど難しくない、と聞いていて
ウ 雨が降るのはとても不吉なことなのだろうか、とたずねられて



青字の部分は特に本文で書かれていません。
そこに注目することで答えを出すという方法も可能です。

ちなみに「むつかし」以外の重要単語として「いと」があります。
その意味は大丈夫でしょうか?
読編でも確認しますが、こちらでも確認しておきましょう。

いと=たいへん

こちらも重要単語ですのでしっかりと押さえておきましょう。


中学校の教科書に載っている古典をマンガでラクラク学びたければ⇒こちら

高校受験レベルの古典をマンガでラクラク学びたければ⇒こちら

高校入試の古文・漢文をくわしい解説付きで演習したければ⇒こちら


2012.09.15 05:00 | [中学古文]高校入試問題演習 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ[中学古文]高校入試問題演習平成17年度 大阪府前期試験 古文 解編 その2












管理者にだけ表示