天地の分かれし時ゆ 神さびて高く貴き…

高校入試、中学校での日々の学習など、国語が苦手な人のために、「これだけは」という問題を紹介。受験対策や定期試験対策に活用して下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

天地の分かれし時ゆ 神さびて高く貴き
駿河なる富士の高嶺を 天の原振りさけ見れば
渡る日の影も隠らひ 照る月の光も見えず
白雲もい行きはばかり 時じくそ雪は降りける
語り継ぎ言ひ継ぎ行かむ 富士の高嶺は

1)作者を答えなさい
2)この和歌の形式を答えなさい
3)この和歌のリズムを答えなさい
4)「天地の分かれし時ゆ」を現代語訳しなさい
5)「神さびて」を現代語訳しなさい
6)「駿河なる」を現代語訳しなさい
7)「振りさけ見れば」を現代語訳しなさい
8)「影」の意味を答えなさい
9)「時じく」の意味を答えなさい
10)係助詞と結びの語を答えなさい
11)内容を二つに分けたとき、後半部を答えなさい
12)「語り継ぎ言ひ継ぎ行かむ 富士の高嶺は」を現代語訳しなさい
13)「語り継ぎ言ひ継ぎ行かむ 富士の高嶺は」で用いられている表現技法を答えなさい



↓↓↓ 解説と答えを読む前に、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

あめつちのわかれしときゆ かんさびてたかくとうとき
するがなるふじのたかねを あまのはらふりさけみれば
わたるひのかげもかくらい てるつきのひかりもみえず
しらくももいいきはばかり ときじくそゆきはふりける
かたりつぎいいつぎいかん ふじのたかねは

1)山部赤人(やまべのあかひと)

2)長歌(ちょうか)
 五・七・五は短歌ですが、五・七・五・七…五・七・七となる形式のものを長歌といいます。

3)五七調
 五音・七音のリズムが続くものを五七調といいます。

4)天と地が分かれた時から
 「時」+「ゆ」⇒「〜から」

5)神々しくて(こうごうしくて)

6)駿河にある
 「場所」+「なる」+「名詞」⇒「場所」にある「名詞」

7)振り仰いでみると
 エ段+「ば」⇒〜すると/〜したところ/〜ので

8)光

9)いつまでも

10)係助詞 そ/結びの語 ける

11)語り継ぎ言ひ継ぎ行かむ 富士の高嶺は

12)富士山のことを、語り継ぎ言い継いで伝えていこう
 「む」⇒意志(〜よう)をあらわします

13)倒置法


中学校の教科書に載っている古典をマンガでラクラク学びたければ⇒こちら

高校受験レベルの古典をマンガでラクラク学びたければ⇒こちら

高校入試の古文・漢文をくわしい解説付きで演習したければ⇒こちら
2012.10.30 05:00 | [中学古典を全訳してみる](番外編)和歌 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページスポンサー広告||[中学古典を全訳してみる](番外編)和歌天地の分かれし時ゆ 神さびて高く貴き…












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。