勉強に疲れたときは??

高校入試、中学校での日々の学習など、国語が苦手な人のために、「これだけは」という問題を紹介。受験対策や定期試験対策に活用して下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
最近、いろいろな失敗が目立ちます。
インターネットで10kgの玄米を購入したら、それがもち米だった…とか、
一日スケジュールを見誤って、休みなのに仕事に出かけたりだとか。

現在(2012年)、教員免許の取得に励んでおり、なんとか取得が出来そうです。延ばし延ばしになっていた教育実習も(母校に電話してお願いするのがなんとなく恥ずかしかっただけ…)今年の9月に終わらせ、それが縁で採用試験を受けることになったのが10月。ウェブサイト上に詳細がアップされるとのことでしたので、毎日気をつけてみていたら、あと10日後に採用試験をするという情報がアップされました。残り時間が少ないなかで、各種必要書類をかき集め、採用試験用の勉強をガムシャラに。

終わったと思ったら大学のレポート提出期限。
さらには大学のテスト。
一息つくまもなく、採用試験の二次試験…。
そしてまた大学のレポート提出期限…

…なんてことが立て続けに起こっていました。
しかも日々の仕事はあり…。
…ということで、忙しくなるとどこかに無理が来てしまいます。
それが先ほどの失敗談。

このブログでも、
同じ年度の古文解説を二度やってしまうという失態を…
まぁ、面白いのでそのままにしておきますが。
(ボクの敬愛する中島らもさんも、かつて同じ内容のエッセイを二週連続で書いて編集部に送ったというエピソードがあります)

…ということで、日々の勉強につかれてきたら、信号が出ます。
普通なら絶対しないであろう、失敗を。
その信号には敏感になって下さい。
見て見ぬふりをすると大変なことになります。
立ち止まること成長が止まることだと思い、あせってしまうこともあるかもしれません。
けれど、そうした信号が出たときは、

あえて休んでください。

勉強のストレスは勉強をすることでしか解決できない

とドラゴン桜には書いてありました。
確かにそうでしょう。ただし、それはガムシャラにやって来なかった人の話。自分勝手にゴールを決めてしまって終わったと思い込んでる人の話。先を見据えているのに、目は前を向いているのに、体が進むことを拒否している場合、あえて休んで下さい。あえて寝て下さい。

クオリティを高めるためには、「あえて寝る」ことが必要だと尊敬する漫画家、島本和彦さんはおっしゃってました。

時には休むことも必要ですよ。
2012.12.04 11:25 | [雑感]日常 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページスポンサー広告||[雑感]日常勉強に疲れたときは??












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。