枕草子を解きまくる<第一段 春・夏> その1

高校入試、中学校での日々の学習など、国語が苦手な人のために、「これだけは」という問題を紹介。受験対策や定期試験対策に活用して下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 (1)春はあけぼの。a)やうやう白くなりゆく山ぎは、少しあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。
 夏は夜。(2)月のころはさらなりb)やみもなほ、蛍の多く飛びちがひたる。また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くもをかし。雨など降るもをかし。(『枕草子』第一段)

1)「枕草子」の作者名を答えなさい。

2)「枕草子」の成立した時代を答えなさい。

3)a)やうやう白くなりゆく山ぎは を現代仮名遣いに直しなさい。

4)b)やみもなほ を現代仮名遣いに直しなさい。

5)(1)春はあけぼの。 のあとに省略されている三字のことばを答えなさい。

6)「a)やうやう白くなりゆく山ぎは、少しあかりて、」を現代語に訳しなさい。

7)(2)月のころはさらなり を現代語訳しなさい。

8)(2)月のころはさらなり の「月のころ」と対になっていることばを答えなさい。

9) 作者が「夏は夜。」の中でも特に取り立てて趣深いとあげている「夜」を三つ現代語で答えなさい。



↓↓↓ 続きを読む前に、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
1)清少納言(せいしょうなごん)

2)平安時代

3)ようよう白くなりゆく山ぎわ
 ※特に「すべてひらがなで」という指定がないので、これで結構です。ただし、模擬試験や一部の入試問題では「すべてひらがなで」という指定が出てきます。漢字を書くと不正解となってしまうので注意してください!

4)やみもなお

5)をかし
 ※「枕草子」は「をかし」の文学と言われています。

6)だんだんと白くなっていく山ぎわの空が、少し光を増して

7)月の出ている頃は言うまでもなく

8)やみ
 ※「対(つい)」というのはわかりますか? これは、ペアとかセットとかいうイメージでとっておけば良いです。「対句(ついく)」というのが良く聞かれるのですが、それは「形がほぼ同じで中身を変えること」程度に思っておいて下さい。たとえば…。

  おじいさんは 山へ 柴刈りに
  おばあさんは 川へ 洗濯 に

  というような場合。これは「〜は 〜へ 〜に」という形の中身を入れ替えていますね。そういうものだと思って下さい。

9)月の出ている夜、蛍が飛んでいるやみ夜、雨が降る夜
 ※ 「夏は夜」で、どんな「夜」かを訳せばいいです。


全訳にもどる、もしくは全訳の復習をする場合は→こちら

まんがで枕草子をラクラク学びたければ⇒こちら
2012.12.06 05:00 | [中学古典を解きまくる]枕草子 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページスポンサー広告||[中学古典を解きまくる]枕草子枕草子を解きまくる<第一段 春・夏> その1












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。