枕草子を解きまくる<第一段 秋・冬> その2

高校入試、中学校での日々の学習など、国語が苦手な人のために、「これだけは」という問題を紹介。受験対策や定期試験対策に活用して下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 秋は夕暮れ。夕日のさして山の端いと近うなりたるに、からすの寝所へ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど飛び急ぐさへ(1)あはれなり。まいてかりなどの連ねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。日入り果てて、風の音、虫の音など、(2)はた言ふべきにあらず
 冬はつとめて。雪の降りたるは言ふべきにもあらず、霜のいと白きも、また(3)さらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、炭持て渡るも、いとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火をけの火も、白き灰がちになりてわろし。(清少納言『枕草子』第一段)

1)(1)あはれなり を現代語に直しなさい。

2)(2)はた言ふべきにあらず を現代語に直しなさい。

3)(3)さらでも を現代語に直しなさい。

4)聴覚でとらえた一文を探し、初めの三字を答えなさい。

5)次の( A )〜( F )にあてはまることばを、漢字で書きなさい。
 この古文の題名は( A )で、作者の名前は( B )である。( C )時代に書かれた( D )集である。同じ時期に、一条天皇の中宮彰子に仕えた( E )は、( F )を書いた人物である。



↓↓↓ 続きを読む前に、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

1)趣深い

2)また、言うまでもない

3)そうでなくても

4)日入り
 ※「日入り果てて、風の音、虫の音など、はた言ふべきにあらず。」の一文ですね。聴覚ですから、「音」に関することばを探しましょう。

5)A)枕草子
  B)清少納言
  C)平安
  D)随筆
  E)紫式部
  F)源氏物語


全訳にもどる、もしくは全訳の復習をする場合は→こちら

まんがで枕草子をラクラク学びたければ⇒こちら
2012.12.10 05:00 | [中学古典を解きまくる]枕草子 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページスポンサー広告||[中学古典を解きまくる]枕草子枕草子を解きまくる<第一段 秋・冬> その2












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。