徒然草を解きまくる<五十二段> その1

高校入試、中学校での日々の学習など、国語が苦手な人のために、「これだけは」という問題を紹介。受験対策や定期試験対策に活用して下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 仁和寺にある法師、年寄るまで、石清水を拝まざりければ、(1)心うく覚えて、あるとき思ひ立ちて、ただ一人、かちより、詣でけり。極楽寺・高良などを拝みて、(2)かばかりと心得て帰りにけり
 さて、かたへの人にあひて、「(3)年ごろ思ひつること、果たしはべりぬ。聞きしにも過ぎて、(4)尊くこそおはしけれ。そも、(5)参りたる人ごとに山へ登りしは、なにごとかありけん、ゆかしかりしかど、神へ参るこそ本意なれと思ひて、山までは見ず。」とぞ言ひける。
 少しのことにも、先達はあらまほしきことなり。(『徒然草』第五十二段)

1)(1)心うく覚えて とありますが、何を「心うく覚えて」いたのですか。現代語で答えなさい。

2)(2)かばかりと心得て帰りにけり を「かばかり」の内容がよくわかるように、現代語に直しなさい。

3)(3)年ごろ思ひつること、果たしはべりぬ とありますが、法師はどう思っているのですか。

4)(4)尊くこそおはしけれ とありますが、誰に対しての敬意でしょうか。答えなさい。

5)(5)参りたる人ごとに山へ登りしは とありますが、人びとはなぜ山へ登っていったのですか。

6)法師が、実際に石清水八幡宮を参拝していないことがわかることを、法師のことばの中から抜き出しなさい。

7)法師の「かたへの人(仲間)」への話しぶりは、どんな表現効果をあげているでしょうか。

8)法師の話に対して述べた作者の批評を口語に訳しなさい。



↓↓↓ 解答を読む前に、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
1)年をとるまで、石清水八幡宮を参拝しなかったこと。
 ※「年寄るまで、石清水を拝まざりければ」を現代語訳すればよいのですね。

2)極楽寺・高良だけだと思い込んで帰ってしまった。
 ※「か」は指示語です。その内容をしっかりと反映させましょう。

3)長年思っていた石清水八幡宮の参拝を果たすことができたと思っている。
 ※「年ごろ思ひつること」の具体的な内容を書くことがポイントです。

4)石清水八幡宮

5)石清水八幡宮を参拝しに行くから。

6)山までは見ず。
 ※「法師のことばの中から」抜き出さないといけないので注意しましょう。

7)一人合点している法師の軽率さを強調している。
 ※自慢げに、ありがたく話していることが、ある意味哀しさを誘いもしますね。

8)わずかなことでも、その道の指導者はあってほしいものである。
 ※最後の文を訳せばいいです。随筆は、初めか最後に「まとめ」「主題」があります。そこをしっかりと読みとることですね。


全訳にもどる、もしくは全訳の復習をする場合は⇒こちら

まんがで徒然草をラクラク学びたければ⇒こちら
2012.12.15 05:00 | [中学古典を解きまくる]徒然草 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページスポンサー広告||[中学古典を解きまくる]徒然草徒然草を解きまくる<五十二段> その1












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。