おくのほそ道を解きまくる<平泉 前半> その1

高校入試、中学校での日々の学習など、国語が苦手な人のために、「これだけは」という問題を紹介。受験対策や定期試験対策に活用して下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 (1)三代の栄耀一睡のうちにして、大門の跡は一里こなたにあり。秀衡が跡は田野になりて、金鶏山のみ形を残す。(2)まづ高館に登れば、北上川南部より流るる(3)大河なり。衣川は和泉が城を巡りて、高館の下にて大河に落ち入る。泰衡らが旧跡は、衣が関を隔てて南部口をさし固め、蝦夷を防ぐと見えたり。さても義臣すぐつて(4)この城にこもり、功名一時の草むらとなる。国破れて山河あり、城春にして草青みたりと、かさうち敷きて時の移るまで(5)涙を落としはべりぬ

   夏草やつはものどもが夢の跡

   卯の花に兼房見ゆるしらがかな   曾良

1)この文章は、どこを訪れた記録ですか。

2)(1)三代の栄耀 の様子がしのばれる描写を文章中から二か所抜き出しなさい。

3)(2)まづ高館に登れば の「高館」とは、どういういわれのある場所ですか。

4)(2)まづ高館に登れば の「高館」からの眺望が述べられている範囲を抜き出し、初めと終わりの各五字(句読点を含む)を答えなさい。

5)(3)大河 の名を答えなさい。

6)(4)この城にこもり の「この城」とは、どこのことですか。文章中のことばで答えなさい。

7)(4)この城にこもり とあるが、こもっていたのは、どういう人たちですか。

8)(5)涙を落としはべりぬ の「涙」にはどういう心情がこめられていますか。

9)「夏草やつはものどもが夢の跡」の句について、季語と切れ字を抜き出しなさい。

10)「夏草やつはものどもが夢の跡」の「夢の跡」とは、どこのことですか。

11)「夏草やつはものどもが夢の跡」の主題を答えなさい。

12)「卯の花に兼房見ゆるしらがかな」の句について、季語と季節を答え、切れ字を抜き出しなさい。

13)「卯の花に兼房見ゆるしらがかな」の「兼房」ということばに共通する表現を、芭蕉の俳句から抜き出しなさい。

14)「卯の花に兼房見ゆるしらがかな」の作者の曽良は、なぜ「卯の花」に兼房の「しらが」を連想したのですか。その理由を簡単に説明しなさい。


↓↓↓ 解答を読む前に、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

1)平泉

2)大門の跡は一里こなたにあり・金鶏山のみ形を残す

3)源義経のいた館があったといわれている所。

4)北上川南部〜見えたり。

5)北上川

6)高館

7)源義経とその家臣たち

8)懐古
 ※古いものを懐かしむ気持ちですね。

9)季語 夏草 / 切れ字 や
 ※季節は聞くまでもないですね。

10)高館

11)人生のはかなさと夏草が象徴する自然の永遠性との対比。

12)季語 卯の花 /季節 夏 /切れ字 かな
 ※「卯の花」が夏の季語であるというのは今後のために覚えても良いのでしょうが、テスト対策という意味では覚える必要は全くありません。なぜかって? 同じ時期にうたわれた芭蕉の歌に「夏草」とあるのですから、この句で詠まれている季語も夏以外考えられないでしょう。
 
13)つはものども

14)卯の花の色が白いから。


全訳にもどる、もしくは全訳の復習をする場合は⇒こちら

まんがでおくのほそ道をラクラク学びたければ⇒こちら
2012.12.21 05:00 | [中学古典を解きまくる]おくのほそ道 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページスポンサー広告||[中学古典を解きまくる]おくのほそ道おくのほそ道を解きまくる<平泉 前半> その1












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。