平成21年度 大阪府前期試験 古文 解編 その3

高校入試、中学校での日々の学習など、国語が苦手な人のために、「これだけは」という問題を紹介。受験対策や定期試験対策に活用して下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 一年(ひととせ)<あるとし>夏の頃(ころ)、江戸より来(きた)りたる行脚(あんぎゃ)の俳人を停(とどめ)おきしに<泊めたときに>、いふやう<いうことには>、此(この)国の所々にいたり(A)見るに富家(ふか)の庭には手をつくしたるもあれど、垣はいづれも(1)粗略にてかりそめに作りたるやうなり、いかなるゆゑにやと(B)いふ。答(こたへ)ていふ、いぶかり給(たま)ふ<疑問に思われる>も(2)ことはりなり、かりそめに作りおくは雪のゆゑなり。いかんとなれば<なぜかというと>、いかほどつよく作るとも一丈のうへこす雪におし崩(くづさ)るるゆゑ、かろくつくりおきて雪のはじめには此垣をとりのくるなり<取り除くのだ>と(C)語りし事ありき。

(注)
行脚 = 徒歩で諸国を旅すること。
此国 = ここでは越後(えちご)の国(現在の新潟県)のこと。
一丈 = 約三メートル。

1 (1)粗略にて とあるが、これと対照的な様子を表していることばを、本文中から七字で抜き出しなさい。

2 (2)ことはりなり の意味として次のうち最も適しているものを一つ選び、記号で書きなさい。
 ア もっともなことだ
 イ おかしなことだ
 ウ めずらしいことだ
 エ はずかしいことだ

 本文中の(A)〜(C)の をつけた語のうち、その動作を行っている人物の異なるものが一つだけある。その記号を書きなさい。

4 本文中では、この国では垣根を取り除くことができるように一時的に作るということが述べられている。そのようにする理由は、本文ではどのように述べられているか。現代のことばで、二十五字以内で書きなさい。



↓↓↓ 解説と答えを読む前に、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
今回は3を解きましょう。

主語を判定する問題ですね。
これは項目を改めて記事にしなければいけないかと思うのですが、今回はちょっと特殊なパターンです。ひとつひとつしっかりと押さえていきましょう。では、本文を頭から。

一年(ひととせ)<あるとし>夏の頃(ころ)、
江戸より来(きた)りたる行脚(あんぎゃ)の俳人を停(とどめ)おきしに<泊めたときに>、


ここで一人の登場人物がでてきます。赤字部分の「俳人」ですね。

いふやう<いうことには>、


ここで「俳人」が話をします。どこまでが「俳人」の話なのかな…なんてことを考えながら読んでいきましょう。

此(この)国の所々にいたり(A)見る


(A)見る のは誰かと言えば、当然、その話をしている人ですから「俳人」です。

富家(ふか)の庭には手をつくしたるもあれど、垣はいづれも(1)粗略にてかりそめに作りたるやうなり、いかなるゆゑにや(B)いふ


「と」がありますので、その前で「」つまり「俳人」のことばが終わります。したがって(B)いふ の主語は何でしょうか? ことばを話していた人なんですから、先ほどと同じく「俳人」ですよね。

…ということは(A)と(B)の主語は同じ「俳人」なんですから、答えは(C)ですね。
このあとは本当に(C)が答えなのかどうかという確認作業に入ります。
その確認作業については、読編でじっくり行いますので、そこを参照して下さい。

答)(C)


中学校の教科書に載っている古典をマンガでラクラク学びたければ⇒こちら

高校受験レベルの古典をマンガでラクラク学びたければ⇒こちら

高校入試の古文・漢文をくわしい解説付きで演習したければ⇒こちら
2013.01.23 05:00 | [中学古文]高校入試問題演習 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページスポンサー広告||[中学古文]高校入試問題演習平成21年度 大阪府前期試験 古文 解編 その3












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。