平成19年度 大阪府後期試験 古文 解編 その4

高校入試、中学校での日々の学習など、国語が苦手な人のために、「これだけは」という問題を紹介。受験対策や定期試験対策に活用して下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 人毎(ごと)に<人は皆>好む事あり。(A)いかに物を好まぬ者も、ある<ある者>はいたづらなる<つまらないこと>を好み、あるは昼寝を好む者あり。ある僧は、朝の粥(かゆ)を忘れて(1)食はずして、日闌(た)くる<日が高く昇る>まで起きず。「(B)いかに粥をば召さぬぞ」と人いへば、「粥よりも、寝たるは遥(はる)かに味(あぢはひ)の吉(よ)きなり」と(2)いひけり
『沙石集』新編日本古典文学全集52沙石集より 小学館

1 次のア〜エのうち、本文中の  をつけた(A)(B)の「いかに」と意味が最も近いものはそれぞれどれか。一つずつ選び、記号を書きなさい。
 ア なぜ  イ たぶん  ウ やっと  エ どれほど

2 (1)食はず とあるが、このことばと同じ「食べない」という意味であり、尊敬の気持ちを含んでいることばを本文中から抜き出しなさい。

3 (2)いひけり を現代かなづかいになおして、すべてひらがなで書きなさい。

 本文中では、人それぞれ好みについて述べられている。「ある僧」の場合は、何より何を好むという内容のことが述べられているか。現代のことばで書きなさい。


↓↓↓ 解説と答えを読む前に、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
今回は4を解いていきましょう。

4 本文中では、人それぞれ好みについて述べられている。「ある僧」の場合は、何より何を好むという内容のことが述べられているか。現代のことばで書きなさい。


古文であれ、現代文であれ、記述問題の解きかたは同じです。

1)解答の「型」を決める。
2)本文からヒントを探す
3)2)を1)に当てはめて字数などを調整する


1)解答の「型」を決める。

これは、問題文をしっかりと読むことで決定できます。
次の赤字の部分を注目してください。

4 本文中では、人それぞれ好みについて述べられている。「ある僧」の場合は、何より何を好むという内容のことが述べられているか。現代のことばで書きなさい。


〜〜〜より〜〜〜を好む。


という「型」ですね。
もう少し突っ込んで考えると、

〜〜〜ことより〜〜〜ことを好む。


という「型」も頭に入れておくと良いでしょう。
そうすると「〜〜〜」には適当な動詞を入れると良いことになりますしね。

2)本文からヒントを探す

これは本文をしっかりと読みましょう。
そのための目印としては、先ほどの「型」で考えた

〜〜〜より〜〜〜を好む

というところです。では、本文を確認しましょう。

よりも、寝たるは遥(はる)かに味(あぢはひ)の吉(よ)きなり


赤字の部分に注目すると、〜〜〜に入れるべき内容がわかろうかと思います。
それは、青字の部分ですね。

3)2)を1)に当てはめて字数などを調整する


まずは、ヒントを「型」に流し込んでみましょう。

粥よりも寝ることを好む。

これでも答えは良いかもしれません。
けれど、例えば、

「机」と「走ること」

って比べることができますか?
…できませんよね。
同様に、

「粥」と「寝ること」

を比べることはできません。言葉足らずなんですね。
では、どうすれば良いのか?

…そうです。

「粥を食べること」と「寝ること」

なら比べることができますよね。
それを元に解答を作りましょう。

答)粥を食べることより寝ることを好む。


中学校の教科書に載っている古典をマンガでラクラク学びたければ⇒こちら

高校受験レベルの古典をマンガでラクラク学びたければ⇒こちら

高校入試の古文・漢文をくわしい解説付きで演習したければ⇒こちら
2013.02.04 05:00 | [中学古文]高校入試問題演習 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページスポンサー広告||[中学古文]高校入試問題演習平成19年度 大阪府後期試験 古文 解編 その4












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。