平成16年度 大阪府前期試験 古文 解編 その3

高校入試、中学校での日々の学習など、国語が苦手な人のために、「これだけは」という問題を紹介。受験対策や定期試験対策に活用して下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 宣政(のりまさ)、下総(しもふさ)の庁南(ちょうなん)に群(いくさ)<軍勢>を出すとき、山涯(やまぎは)の海辺をとほるに、山の上より弩(おほゆみ)を射かけられんや<射かけられはしないだろうか>、又潮(しほ)満(み)ちたらんやはかりがたし<予想しにくい>、とて(A)あやぶみける。をりふし<そのときはちょうど>夜半(よは)の事なり<夜中であった>。持資(もちすけ)、いざわれ(B)見来たらんとて馬を馳出(はせいだ)し、やがて<すぐに>(C)帰りて(1)潮は干(ひ)たりといふ。(2)いかにしてしりたるや、と問ふに、
 遠くなり近くなるみの浜千鳥(はまちどり)
  鳴音(なくね)に潮のみちひをぞしる
とよめる歌あり。千鳥の声遠く聞こえつ、と(D)いひけり

(注)
 宣政 = 室町時代の武将。上杉宣政。
 下総の庁南 = 今の千葉県長南町。
 弩 = しかけゆみ。ばねじかけで矢や意志を発射する弓。
 持資 = 上杉宣政の家臣。
 浜千鳥 = 浜辺にいる千鳥。多くは渡り鳥で、水辺に群れをなしてすむ。

 (2)いかにしてしりたるや を現代のことばで書きなさい。

2 本文中の(A) ~ (D)のうち、その動作を行っている人物の異なるものが一つだけある、その記号を答えなさい。

 (1)潮は干たり とあるが、「持資」がこう言ったのは、彼がどのような解釈を行ったからか。その内容をわかりやすく説明しなさい。



↓↓↓ 解説と答えを読む前に、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
今回は3を解いていきましょう。

3 (1)潮は干たり とあるが、「持資」がこう言ったのは、彼がどのような解釈を行ったからか。その内容をわかりやすく説明しなさい。



まずは「型」を考えましょう。
「内容」を説明しなさいということであれば…

〜〜〜ということ。

という「型」で結構です。もしくは、「どのような解釈」かという問いですから、

〜〜〜という解釈。

という「型」でも良いですね。
続きましては内容です。
最終的な、持資の解釈はどういうことでしょうか。どのような解釈をしたのでしょうか。それは…

潮が干いたこと。

ですよね。どうして「潮が干いた」と考えたのでしょうか。そのヒントは和歌に書かれてあります。

  鳴音(なくね)に潮のみちひをぞしる


みちひ=満ち 干

ということが見抜ければ(ちょっとむずかしいですかね)、「鳴音」で「潮のみちひ」を知るという関係がわかるかと思います。「鳴音」とはどういうことなんでしょうか。誰が、何が「鳴く」「音」なんでしょうか。それは和歌の後に書いてありますね。

千鳥の声遠く聞こえつ


ここがヒントです。
したがって…


答)千鳥の声が遠くに聞こえたので、潮が引いたという解釈。

ちょっとこの問題は難しいですね。
実は、出題された時は「記号的解釈」という内容が現代文で説明されており、その内容を理解した上で解くという一風変わった形式の問題でした。このブログに掲載するために少々問題を改変したのが難しくなった要因です。


中学校の教科書に載っている古典をマンガでラクラク学びたければ⇒こちら

高校受験レベルの古典をマンガでラクラク学びたければ⇒こちら


高校入試の古文・漢文をくわしい解説付きで演習したければ⇒こちら
2013.02.16 23:45 | [中学古文]高校入試問題演習 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページスポンサー広告||[中学古文]高校入試問題演習平成16年度 大阪府前期試験 古文 解編 その3












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。