中学国語の名作を読む 走れメロス<読編>02

高校入試、中学校での日々の学習など、国語が苦手な人のために、「これだけは」という問題を紹介。受験対策や定期試験対策に活用して下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
さてさて、本当にちょっとずつちょっとずつ読んでいくこのシリーズですが、今回も本当に短く読んでいきます。まずは、次の文を二度ほど音読してください。

きょう未明メロスは村を出発し、野を越え山越え、十里はなれた此《こ》のシラクスの市にやって来た。メロスには父も、母も無い。女房も無い。十六の、内気な妹と二人暮しだ。この妹は、村の或る律気な一牧人を、近々、花婿《はなむこ》として迎える事になっていた。結婚式も間近かなのである。メロスは、それゆえ、花嫁の衣裳やら祝宴の御馳走やらを買いに、はるばる市にやって来たのだ。(太宰治『走れメロス』より)



↓↓↓ 解説を読む前に、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

きょう未明メロスは村を出発し、野を越え山越え、十里はなれた此《こ》のシラクスの市にやって来た。



長い文の場合、要点を理解するのに有効な手段があります。それが、

主語と述語をみわける

ということです(細かい文法的な項目としては、こちらで学習できます)。さて、この文を主語と述語に分けると…

メロスはー来た。



となります。一文が長くてわかりにくい場合というのはこういう方法もありますので知っておいて下さい。内容の上では…

何をしにやってきたの?
何のためにやってきたの?


という疑問を持つことが大切です。

メロスには父も、母も無い。女房も無い。十六の、内気な妹と二人暮しだ。



話がどんどんとズレていきますが、先ほどの、

何をしにやってきたの?
何のためにやってきたの?

という疑問をもちながら読み進めましょう。

どんな妹?

という疑問も持っておきましょう。

この妹は、村の或る律気な一牧人を、近々、花婿《はなむこ》として迎える事になっていた。結婚式も間近かなのである。



先ほど持った、

どんな妹?

という疑問がここで解決されます。妹は結婚するんですね。それで、メロスは何をしにやってきたのでしょうか。

メロスは、それゆえ、花嫁の衣裳やら祝宴の御馳走やらを買いに、はるばる市にやって来たのだ。



ここで、メロスについての…

何をしにやってきたの?
何のためにやってきたの?

という疑問が解決されます。「花嫁の衣装や祝宴の御馳走などを買うため」ですね。今まで疑問を持っていたものが解決されるのは気持ちのいいものです。疑問を持っていれば、内容的に解決できるわけですが、文法的なアプローチもあります。それは、二つのことばです。

メロスは、それゆえ、花嫁の衣裳やら祝宴の御馳走やらを買いに、はるばる市にやって来たのだ



まずは「それゆえ」。前回は「逆接の接続詞」を紹介しました。今回は「順接の接続詞」です。順接の接続詞は、

前の文から予想される通りのことが後に来る

という役割があります。例えば、

一生懸命勉強した。それゆえ、良い点を取れた。



というように使います。「勉強した」ら、「良い点を取れ」るのは当たり前ですよね。「予想通りの内容」です。

そして、もう一つは「のだ」。このことばは、

「のだ」=前の文を説明するはたらき
(理由や結果、詳しく言い換えるというようなはたらき)


を持つことばです。今回は、前の文の「結果」を説明しています。これについて詳しく説明している参考書があります。大学受験用の参考書ではありますが、高校受験生でも十分使いこなせるように、わかりやすく説明しているものです。詳しくはこちらで。

さて、今回も長くなってしまいました。
この調子で行くと…ガクガクブルブル…。
前回にもった疑問はまだ解決されていません。覚えていますでしょうか?

メロスは、王のどんな行動に怒ったのか?

この疑問は持ちつづけておきましょう。また、最後にもう一度音読して復習しておきましょう。

【 今日のポイント 】
順接の接続詞=あとに予想通りのことが来る
「のだ」=前の文を説明するはたらき



名優による『走れメロス』の朗読を聴きたければ⇒こちらへどうぞ。
2012.04.28 16:41 | [中学国語の名作を読む]走れメロス<読編> | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページスポンサー広告||[中学国語の名作を読む]走れメロス<読編>中学国語の名作を読む 走れメロス<読編>02












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。