おくのほそ道ー序文ーを全訳してみる<テスト編>

高校入試、中学校での日々の学習など、国語が苦手な人のために、「これだけは」という問題を紹介。受験対策や定期試験対策に活用して下さい。

さぁ、枕草子が終わったので、中学三年生で学習する、おくのほそ道の序文と平泉について全訳をしていきましょう。まずはまとめとして、序文の<テスト編>をば。

01)月日は百代の過客にして、
02)行き交ふ年もまた旅人なり。
03)舟の上に生涯を浮かべ、
04)馬の口とらへて老いを迎ふる者は、
05)日々旅にして旅をすみかとす。
06)古人も多く旅に死せるあり。
07)予もいづれの年よりか、
08)片雲の風に誘はれて、
09)漂泊の思ひやまず、
10)海浜にさすらへて、
11)去年の秋、
12)江上の破屋にくもの古巣を払ひて、
13)やや年も暮れ、
14)春立てるかすみの空に、
15)白河の関越えむと、
16)そぞろ神の物につきて心を狂はせ、
17)道祖神の招きに会ひて、
18)取るもの手につかず。
19)もも引きの破れをつづり、
20)かさの緒付け替へて、
21)三里に灸据ゆるより、
22)松島の月まづ心にかかりて、
23)住めるかたは人に譲りて、
24)杉風が別墅に移るに、

   草の戸も住み替はる代ぞひなの家

25)面八句を庵の柱に懸け置く。

『おくのほそ道』松尾芭蕉


↓↓↓ 続きを読む前に、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

01)月日は永遠にとどまることのない旅人であって、
02)行き来る年も、また旅人である。
03)船頭として舟の上で働いて一生を送り、
04)馬方として馬のくつわを引いて年をとっていく人びとは、
05)毎日旅をして、旅をすまいとしている。
06)昔の人の中にも、多く、旅の途中で亡くなった人がいる。
07)私もいつの年からか、
08)ちぎれ雲が風に誘われていくように、
09)さすらいの思いを止めることができず、
10)海浜の道をさすらい、
11)去年の秋、
12)川のほとりのあばら屋に帰ってクモの巣を払って住んでいたが、
13)しだいに年も暮れ、
14)春霞の立ちこめる空のもとで、
15)白河の関を越えようと思って、
16)そぞろ神が乗り移って心をそわそわさせ、
17)道祖神が手招きをしているような気がして、
18)取るものが手につかない(落ち着いていられない)。
19)ももひきの破れをつくろって、
20)かさのひもをつけかえて、
21)三里に灸をすえると、
22)松島の月がまずはじめに気にかかって、
23)今まで住んでいた家は人に譲って、
24)杉風の別宅に移ると、

   (解釈:世捨て人のわたしが住んでいた、わびしい草葺きのこの家も、住人が住み替わるときだよ。ひなを飾るような女の子のいる、華やいだ家に)

25)面八句を庵の柱にかけておいた。


2012.05.16 16:08 | [中学古典を全訳してみる]おくのほそ道 | トラックバック(-) | コメント(1) |
トップページ[中学古典を全訳してみる]おくのほそ道おくのほそ道ー序文ーを全訳してみる<テスト編>

このコメントは管理者の承認待ちです

2013.11.24 07:38  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示