徒然草ー第五十二段ーを全訳してみる<テスト編>

高校入試、中学校での日々の学習など、国語が苦手な人のために、「これだけは」という問題を紹介。受験対策や定期試験対策に活用して下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
徒然草のもう一つは、あまりにも有名な段です。義務教育を受けた人間なら(笑)ほぼ全ての人が知っているはずのものです。なんだか頭に残るんですよね。
…とはいえ、授業で扱わない中学もあるのですが。そういう場合は高校で学習するのでしょうか…
入試にも良く出てくる、本当に大切な項目が目白押し何ですが。
まずは古文本文を。「続き」に全訳を掲載してあります。

01)仁和寺にある法師、
02)年寄るまで、石清水を拝まざりければ、
03)心うく覚えて、
04)あるとき思ひ立ちて、
05)ただ一人、かちより、詣でけり。
06)極楽寺・高良などを拝みて、
07)かばかりと心得て帰りにけり。
08)さて、かたへの人にあひて、
09)「年ごろ思ひつること、果たしはべりぬ。
10)聞きしにも過ぎて、
11)尊くこそおはしけれ。
12)そも、参りたる人ごとに山へ登りしは、
13)なにごとかありけん、
14)ゆかしかりしかど、
15)神へ参るこそ本意なれと思ひて、
16)山までは見ず。」
17)とぞ言ひける。
18)少しのことにも、
19)先達はあらまほしきことなり。

(『徒然草』第五十二段)

↓↓↓ 続きを読む前に、クリックして応援お願いします!
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

01)仁和寺にいる僧が
02)年をとるまで、石清水八幡宮を参拝しなかったので
03)残念に思って
04)あるとき思い立って
05)ただ一人、徒歩で、お参りした
06)極楽寺・高良などを参拝して
07)これだけだと思いこんで帰ってしまった
08)その後、仲間に向かって
09)「長年思っていたことを、果たしました。
10)聞いていたのにもまさって
11)尊くていらっしゃった。
12)それにしても、参拝しているどの人も山へ登ったのは
13)なにがあったのだろうか
14)知りたかったけれど
15)神を参拝することが本来の目的であると思って、
16)山までは見なかった。」
17)と言った。
18)少しのことにも、
19)その道の指導者はあってほしいものである。


2012.05.26 11:40 | [中学古典を全訳してみる]徒然草 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページスポンサー広告||[中学古典を全訳してみる]徒然草徒然草ー第五十二段ーを全訳してみる<テスト編>












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。